巨大な岩&遺跡、サクサイワマン/Saqsaywamanを観光

サクサイワマン/Saqsaywamanは、ペルーのクスコにあるインカ帝国の遺跡です、建造の目的はまだ不明です。

クスコから日帰りバスツアーが出ています。クスコについてはこちら↓↓↓

ペルー観光の中心クスコ/Cuzco

丘の様になっていて上まで登れます。もし歴史に興味がない場合は”大っきな石あるねー”くらいの感じで終わると思います。でも丘の上は街を見渡せます。

サクサイワマンとは?

15世紀のインカパチャクテック政権時代に建てられた遺跡と考えられています。
2万人以上の男性が近くの採石場から石を抽出し、それらをクスコ市の丘に20キロ移動させたと言われています。

今日、その古代の構造の40パーセントしか保持していないと推定されています。 それでも、敷地内には最大125トンの構造物があります。
インカは、当時、信じられないほどの重量とサイズの構造でサクサイワマンをどのように構築たか?など 多くはまだ謎です。 そこにこの考古学的な場所の美しさがあります。

サクサイワマンの遺跡は、クスコのアルマス広場の北2キロに位置していて、 海抜3,700メートル(m.s.n.m.)にあります。

山々に囲まれた丘の上にある3,000ヘクタール以上のエリアに広がっています。 動植物が豊富な美しい風景があります(リャマとタカ)

サクサイワマンの意味

サクサイワマンは、ケチュア語で「鷹が満腹になる場所」を意味します。 名前は 儀式の中心地でしたが、要塞としても使われたと思われます。

その軍事的な構造のために、スペイン人は16世紀に到着した時、要塞のようであったと言われています。 ビルカバンバインカの反乱の際にスペインの攻撃が撃退されたとき、インカの要塞として機能しました。

サクサイワマンにどうやって行く?

クスコのアルマス広場から車でわずか10分、または徒歩45分の場所にあります。 「シティツアー」に参加すれば他の遺跡も回れます。

サクサイワマンの構造

サクサイワマンの建築には、住宅、塔、神社、倉庫、道路、水道橋などの神聖な建造物があります。 そのため、風景の形と調和は、マチュピチュなどの他のインカの神聖な場所と似ています。

サクサイワマンの主壁は、高さ5メートル、幅2.5メートル(重量90〜125トン)の巨大な石でジグザグに建てられています。

南側は約400メートルの長さの磨かれた壁に囲まれています。 東と西は壁によって分けられています。

ペルーの年代記者インカ・ガルシラ・ソデラベガによると、サクサイワマンはインカが全盛期に建てた最大の建築作品である。

丘の上↓

”昔なのに凄い技術持っていたなんて不思議だねー”っていう場所です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください