メキシコの巨大ピラミッドのテオティワカン/Teotihuacán

メキシコシティから日帰りで観光できる巨大ピラミッド(テオティワカン/Teotihuacán)に行こう。

メキシコシティから50km北にあるラテンアメリカ最大の遺跡です。一番デカいピラミッド太陽のピラミッドは高さ65m、底辺の1辺が225mです。

メキシコシティについてはこちら↓↓↓

https://exotismo.net/mexico/ciudad-de-mexico/

テオティワカン族によって建設され8世紀頃に滅亡したとされていますが、未だに原因は謎です。ナワトル語で「神々の都市」ですが「人が神に変わった場所」、「太陽の都市」とも呼ばれます。

メキシコシティの北バスターミナルからサン・フアン/Autobus San Juan Teotihuacánのバスが日中たくさん出てます。バスで日帰りできます。

Teotihuacánて書いてある窓口があります。1時間くらいで、ロス・ピラミデス/Los Piramidesってところに着くので、そこで降ります。

敷地内で、水とか売ってないので、持っていない場合はバスから降りて、チケットを買う窓口までで買っておいた方が良いです、あと広いので、おやつ、サングラス必要です。

死者の道は真っ直ぐな長い道でした。

 

   

太陽のピラミッドは階段が急だったりして、結構ハードです。ちょっとした登山気分です。

自分は太陽のピラミッドを登って、満足したのと、そこから月のピラミッドまで500mくらい距離があったので、行かず、出て近くの食堂でご飯食べてバスで帰りました。

月のピラミッドの近くにはケツァルパパロトルの宮殿、ジャガーの宮殿があります。

メキシコに来て初めて日本人を見かけましたー。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください