タイのラガービール! チャーン Changをレビュー!味! 特徴! 意味!

タイのラガービール! チャーン Changをレビュー!味!特徴!意味!

 

世界中で酒を飲んできた自分が、メジャーなタイビールの チャーン Changは実際どうなのか味をレビューしていきます。

 

チャーンビール Changの意味は象

 

チャーン Changとはタイ語で「象」という意味で、象はロゴにもなっています。

1994年に発売され、それまではタイのビールはシンハー SINGHAしかありませんでした。大衆向けに品質の高いビールをというコンセプトで作られた、2番目のタイビールです。

 

日本でも、海外ビールの中では比較的安く、あっさり系で成城石井などでも売っています。

 

おすすめの薄い海外ビールを紹介! 日本の通販で買える? 飲みやすい?

 

チャーン クラシック ラガー  Chang CLASSIC  LAGER

アルコール度数:5%

独特の甘味のある、あっさり系ラガービール。

暑い日にゴクゴク飲める喉ごしを楽しむビールです。薄味で苦味というよりも日本のビールにはない甘みがあり、後味、雑味は何も残りません。

「甘味があるビールって何?」と思うかもしれませんが、これはこれで料理と合います。もちろんタイ料理と合います。他にも中華など味の濃い料理、油と飲むのがおすすめなので、少しのつまみと飲む人より、食事と一緒にビールを飲む人におすすめです。

日本のほとんどのビールと同じピルスナーという種類のビールですが、気のせいか飲んでいるとタイ料理が食べたくなってきます。

苦味:5.9/10

あなたのアルコール感受性遺伝子を調べてみませんか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください