エクアドルの首都キト(新市街)/Quitoを安全に観光

エクアドルのキト(新市街)/Quitoを観光しよう。

首都のキトまで成田からユナイテッド航空でヒューストン乗継ぎ(乗継ぎ時間4時間)で片道21時間、往復21.6万円でしたー、

赤道上なので基本一年中気候は変わらないです、高所(2800mくらいとか)あるので、体調ちょっと変になるかも

なぜエクアドルかというと、

:スペイン語圏(筆者はスペイン語勉強中)

:サラリーマンの連休(最短2日)で6000m級の登山ができる、しかも首都の近くなのでハードな移動無し

の二つの理由です、スリルが足りなくなってきたあなたにピッタリ!!!

ちなみに登山に関しては素人で行く前に本で勉強した程度です、

エクアドル登山に関してはこちら↓↓↓

https://exotismo.net/ecuador/montana-cotopaxi/

ここではキトの北部の新市街(ラ・マリスカル地区)について述べますーーー

マリスカル・スクレ国際空港/Aeropuerto Internacional Mariscal Sucre

すぐ近くのレストランや売店ある建物で無料Wifiあります。

初日は0時頃に着いたので近くのホテルにタクシーで行きました、朝起きると標高が高いのでなんか体が変な感じ、パルスオキシメーターで血中酸素を測ると日本で95あったのが80位になってましたー

セントロ(新市街(ラ・マリスカル地区)まではタクシーで1時間ぐらいで25ドルでしたー、

エクアドル国立博物館/Museo Nacional de Ministerio de Cultura del Ecuador

ギターとかの楽器もあり、いろんなジャンルのものがあり楽しめる、館内キレイ、入口分かりにくいので注意です。

プラサ・フォッシュ/Plaza Fosh

新市街(ラ・マリスカル)の観光客用のレストラン、バーが密集している中心広場、ホテル、ホステル、ツアー手配会社、銀行も近くにたくさんあり、でも旧市街とかと比べると明らかに物価高い、夜は賑わいます。

日本でいう六本木?みたいな感じでしょうか、空港からとりあえずここまでタクシーで来るのもアリかと、

アルテサナル市場/Merado Artesanal

地球の歩き方にはメルカド・デ・インディヘナ(先住民の市場)として載ってます、

結構すぐに回れます、自分は歩きながらざっと見たので15分くらいでした、じっくり見ても30分くらいじゃないかなと思います。

ミ・ビエホ・アラバル/Mi Viejo Arrabal(レストラン)

新市街(ラ・マリスカル) にある、ステーキレストラン、

パリジャーダは一人旅の場合1/2(ハーフサイズ)を頼みましょう、写真は1/1です、食べきれませんでした。。

ハツ、鳥、豚、エビ、とうもろこし、ソーセージが2つずつ入ってます、

サラダ又はフライドポテトか選べます、聞かれたとき「ロス、ドス、ポルファヴォール」(Los 2 por favor (スペイン語で2つお願いします)の意味)って言ったら両方くれました。

ワイルドで美味しいです、炭が下にあり、冷めないです。

パリジャーダ/Parrillada パリジャーダ/Parrillada

アチョーテ/Achiote(レストラン)

新市街(ラ・マリスカル)にある、高級エクアドル料理レストラン、Wifi有り、

とは言っても10〜30ドルで食べれます。キレイ、地球の歩き方にも載っています。やっぱり道の食堂より量は少ないです。

クイ(天竺鼠)の1/4とアロス・ヴェルデ(緑の米)

クイの味は、しいて言えば鶏肉に似ています、でも鶏の方が美味しい気が。。。。

現地の人はお祝いの時などに食べるそうです。

セビーチェ/Cheviche

テレフェリコ/Teleféricoとルク・ピチンチャ/Rucu Pichincha

テレフェリコ(ロープーウェイ)で気軽に4696mの山であるルク・ピチンチャに登れます、新市街からタクシー又はUVERで行けますー、

やっぱり標高上がるので、自分はかなりダルさを感じました、無理はしないように〜

これから他の5000、6000mの山に登る人はまず、ここに行って慣らすのがいいと思いますー

高所順応は超大事でした。

ロープーウェイで上がったあと、登山開始です、一気に寒いです、ダウン持ってったほうがいいです。

道はハードではなく、急な坂道もありません。東京の高尾山登れれば問題無いですが、山の装備、行動食を持っていきましょー

この日は天気悪かったです。

 天気が良ければ、他の山々が見渡せます。

赤道記念碑/Mitad del Mundo

広い敷地の記念公園、ミタッ・デル・ムンドと呼ばれ意味は「地球の半分」です。

塔は上までの登れます、中はちょっとした科学館&博物館になってます、

敷地内にはチョコレート博物館、ビール博物館、レストラン、カフェ、いろいろあり、すごく楽しめます、フルパスっていうチケット買えば全部入れます、

公衆トイレあるのも嬉しいです。

キト動物園/Quito Zoológico

キトからタクシーで40分くらいのGuay llabamba(グアイリャバンバ)って街にあります、ガラパゴスゾウガメから、鳥、ピューマ等、いろいろいて楽しめます。

ゆっくり回っても2時間くらいで全部見れますー、

月曜休み、チケット受付は16時までです。

空港の近くなので帰るときに寄るのもいいかもしれませんが、見終わった後、近くにはレストランくらいしか行くとこ無いので、暇になるかもしれません。

バスターミナル/CARCELÉN

バスターミナルはカルセレンという地区にあります、オタバロ、ミンド等、他の街に行く長距離バスが出ています。売店あり

バス会社ごとにカウンターがあり、直行便(ディレクト)かどうか確認したほうが良いです。

ラ・カロリーナ公園/Parque La Carolina&キト植物園/Jardin Botanico de Quito

カロリーナ公園はのんびり芝生に寝転がったり、スポーツの練習したりする感じの公園です。近くに大きいデパートもあります。

公園の中には植物園があります(有料)一角にいろんな植物を密集させた感じです、食虫植物は小屋の中に隔離されています。

植物園内には、日本庭園/Jardín Japonés、盆栽/Museo de Bonsaiもあり、日本人が作った盆栽飾られていました。

カフェ・デモクラティコ/Café Democrático(ライブハウス)

週末にライブのあるライブハウス、他にもプラザ・フォッシュ付近には何軒かこの手の店はあります。

入り口で「IDは?」と聞かれたので、パスポートを見せました。以外と予定時間とそんなに遅れもなく始まりました。

現地の音楽を聴きたいと思って行きましたが、この日は80〜90年代の誰でも知ってるようなアメリカンみたいな曲のみでした、客も外国人だけで踊ったりしていました、アジア人は見かけなかったです。。。

危険な雰囲気は無かったです、というか馴染めなかったです(笑)

1 個のコメント

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください