エクアドルの現地の暮らしと新年の祭:ディアブロ・デ・ピジャロ

エクアドルの現地の暮らしと新年の祭り(ディアブロ・デ・ピジャロ/Diablo de Pillaro)を観光しよう。

ツアーガイドの実家にある飼育小屋

エクアドルのコトパクシとチンボラソ登山のガイドの実家にツアーの途中でお邪魔したました、田舎の家庭では売るために、クイ(天竺鼠)やウサギ、鶏を飼育していたりします。

 壁は40〜50センチくらいの高さですが飛び越えてきません。クイはハムスターをでっかくした感じで、鳴き声は可愛いです。

一匹だけウサギがいます、食べれます。

畑もありました

鶏肉は日本と違い、生きたままのを買って食べる時に殺すのでフレッシュなせいか、肉の味が濃くて美味しいです。

これらをレストランで頼むと↓↓↓

上がウサギで、下がクイ

 まるまる一匹(スペイン語でエンテロ/entero)は一人では多すぎるので何人かで行った時に頼んだ方が良いです、ガイドたちと4人で行って頼んでちょうど良かったです、一匹を6分割されて出てきました。

身の味は鶏に近く量はあんまり無いです、皮は固いです。茹でたポテトと一緒に食べました。

カニ/El cangrejo

キトのレストランでカニ(スペイン語でカングレホ/cangrejoを食べたんですが、

身が無い!ほっそい足にしか無い!食べるとこ無い!って感じでした〜、

ハンマーも一応使ったら、スゲー音したので使わずに手でバラしました。っていかハンマーの正しい使い方がわからなかったです、手の方が簡単でした。


チンボラソ近くの現地の家庭

チンボラソ(6310m)登山の前にガイドの友達の家にお邪魔しました。

家に向かう途中に飼っているリャマ(スペイン語ではジャマ/llama)がいます。

アルパカよりも大きいのがリャマです。

広い大地の中にポツンと家があります。

もちろん電気と水道あります。近くに子供達が行く学校があるらしいです。

家1

家2は土で出来ています。↓↓↓

家2

家2の内部1

リャマの肉が干してありました。

家2の内部2

家2の内部3

馬に乗る時はリャマの毛でできたものを腰に巻きます。↓↓↓

ビクーニャ/Vicuñaをたまに見かけます。↓↓↓

  

アンデス山脈に生息する、ラクダの仲間です。サイズは奈良の鹿と同じぐらいです。

毛を使った製品は高級品です。

ディアブロ・デ・ピジャロ/Diablo de Pillaro

元旦はチンボラソの近くの町のピジャロ/Pillaroに行きました。

ディアブロ・デ・ピジャロ/Diablo de Pillaroという新年のお祭りです。

訳は「ピジャロの悪魔」です。

悪魔の仮面をつけて踊ってお祝いしたりもします。仮面は独特で凝ってます。

元旦の様子↓↓↓


婦人が婦人のお面を、おじさんがおじさんのお面をしています。↑↓

年末に車に乗っていると、お面を被った人に足止めされることがあります。その時にお菓子をあげないといけません。楽しい習慣です。↓↓

これ↑↑↑を頼むと、これ↓↓↓が出てきました。

濃い醤油味の豚の角煮みたいな味で角煮より乾いています。日本人は好きだと思います。

ポテト(La patata/パタタ)とトウモロコシ(El maiz/マイス)が付いてます、日本のトウモロコシとは全く違うもので、いろんな種類があります。

↑手前の白いのがトウモロコシ/Maizです。↑


12月31日の深夜の年越しの時に、街の大きいストリートで、1メートルくらいの人形を燃やす習慣があります。人形はドラゴンボールのキャラや、アメコミのキャラなど様々です。キトでも見れます。

そのため、1月1日は人形の燃えた残骸が路上にあったりします。自分は山に行っていたので残念ながら燃やすところは見れませんでした。(>_<;

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください