メキシコの死者の日/Dia de Muertos(ディア・デ・ムエルトス)とは?

メキシコの死者の日/Dia de Muertos(ディア・デ・ムエルトス)とは?

 

メキシコ在住の自分がメキシコの伝統行事である死者の日とは何かについて書いていきます。

 

死者の日/Dia de Muertosとは

ザックリ言うと、死者がこの日に帰ってくるので、死者を思い出し、お祝いしようという日です。日本でいうお盆にお墓詣りするような感じです。

基本的には、メキシコは11月1日または2日に、年に一回お墓詣りをし、花などを置きます。ユネスコにメキシコの無形文化遺産に指定されていて、起源はスペイン人の占領の前に住んでいた原住民の儀式です。

カラベラ/Carabelaというガイコツのメイクをしたりします。町中にガイコツのメイクをしている人がいるので、夜にすれ違うと一瞬ビックリします。因みに10月31日は、ハロウィーンなので、ゾンビやモンスター、アメコミヒーローの格好をした人をたくさん見ます。

 

オフィスで働く人たちもメイクしていたりします。

 

メキシコシティで死者の日/Día de Muertosを観光しよう!

 

死者の日/Dia de Muertosのイベント

アグアスカリエンテス/Aguascalientesでのミュージカル1

各地で、ミュージカル、コンサートなどのイベントが行われます。

写真は、メキシコのちょうど中心あたりにあるアグアスカリエンテス/Aguascalientesという町の劇場でのイベントです。

アグアスカリエンテス/Aguascalientesでのミュージカル2

アグアスカリエンテス/Aguascalientesでのミュージカル3

アグアスカリエンテス/Aguascalientesでのミュージカル4

アグアスカリエンテス/Aguascalientesでのミュージカル5

アグアスカリエンテス/Aguascalientesでのミュージカル6 この新郎はアグアスカリエンテス出身の偉大な版画家グアダルーペ・ポサダ/Guadalupe Posadaです。勿論、もう死んでいます。

↓↓別のイベント↓↓

お墓とは別に、自分の家でアルタール/Altarという祭壇を作り、死者に食べ物や飲み物を置いたりして、この日にお祝いします。

アグアスカリエンテスの公民館でのアルタール1

アグアスカリエンテスの公民館でのアルタール2

アグアスカリエンテスの公民館でのアルタール3

アグアスカリエンテスの公民館でのアルタール4

アグアスカリエンテスの公民館でのアルタール5 ここでも、版画家のグアダルーペ・ポサダ/Guadalupe・Posadaです。

アグアスカリエンテスの学校でのアルタール1

アグアスカリエンテスの学校でのアルタール2

↑この貼ってある紙はカラベリータ/Calaveritaといって、死者への楽しいポエムを書いて貼ります。でもこのポエムは、ラップの様に語尾で韻を踏まなければいけません。

パン・デ・ムエルトス/Pan de Muertos

 

この死者の日には、パン・デ・ムエルトス/Pan de Muertos(死者のパン)という砂糖がまぶされた甘くて丸い、上に骨の様になった棒状の模様があるパンが売られます。味は砂糖とパンの味です。


最初は、ガイコツがたくさんあって不気味かもしれませんが、人々は死者への祝いを悲しまず、楽しんでいるので、これはとてもいい文化なのかもしれません。

 


31歳でメキシコに転職した時の話: 〜就労ビザ、生活、コロナウイルス 、日系企業のリアル〜 EXOTISMO

kindle unlimitedで無料で読めます。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください