メキシコの学校で自家用操縦士のパイロットになろう

メキシコで自家用操縦士のパイロットになろう

メキシコでは安く自家用操縦士免許が取れます。しかし事業用操縦士はメキシコ人だけです。ちなみにヘリコプターのライセンスが取れるのはメキシコの警察と軍隊だけです。

また申請にはCURPという日本でいうマイナンバーが必要なので、就労ビザ(FM3)を取り、日系企業で働きながら通うというのが現実的な方法かもしれません。就労ビザの取得方法は別記事にまとめました。

メキシコ就労ビザ取得、更新、移住、住所変更、について(FM3)

日本で切替えもできます。ただ、授業は基本的にスペイン語なので、体感的にはスペイン語検定のDELEのB1レベルは必要です。

学科の授業は約100時間あり、一年以内には終われます。その後シュミレータが6時間、40時間以上の実技(空港でフライト)をしてライセンスのカードが貰えます。

ただ手続きにメキシコシティに書類を送ったりするために時間がかかります。

メキシコのアグアスカリエンテスの自家用操縦士の学校 アラス・ドラダス/ALAS DORADAS

URL :https://www.facebook.com/formacionalasdoradas?locale=ja_JP

ALAS DORADAS(アラス・ドラダス)は自家用固定翼操縦士の免許が取れる学校です。名前の意味はスペイン語で「黄金の翼」です。キャビンアテンダントの免許も取れます。町の中心のバーなどで賑わっている地域にあります。

アグアスカリエンテス/Aguascalientesは日本人も多く住んでいる比較的治安のいい田舎町です。日産の巨大な工場があります。

学校は教室が4つしかない小さい学校ですが、シュミレーターもあります。写真の子たちは20歳前後の若いパイロットです。どこの学校も同じですが授業にはこの子たちが着ているように制服を買って、着て出席しなければなりません。

英語のクラスと平日働いている人のための土曜日のクラスもあります。

自分のメキシコ転職の体験談の電子書籍

現在メキシコでフリーランスをしている自分が実際に自分が体験したことを書いています。
日本でサラリーマンをしていた自分がメキシコの日系企業に転職して、メキシコでの就労ビザ取得から更新方法、必要書類、提出する文章のフォーマット、銀行口座開設、給料、労働基準法、専門用語、賃貸、ドラッグ、宗教、イベント、持ち物、治安、税金、恋人、風俗、コロナウイルスによる社会の変化、日本ですべきこと、メキシコ生活のリアルな情報をスペイン語での表記とともに載せました。
メキシコに駐在が決まった人から、海外旅行、海外転職を考えている人、メキシコに興味がある人にも役に立てれば嬉しいです、

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください