ドイツビールのベネディクティナー / Benediktiner をレビュー!味!

ドイツビールのベネディクティナー / Benediktiner をレビュー!味!

ドイツといえばビールとソーセージです。

世界中で散々、酒を飲んだ自分がドイツビールのベネディクティナーは実際どうなのかをレビューします。

 

ベネディクティナーとは?

ドイツビールの本場、バイエルンの修道院で1609年にビールの醸造が始めた会社です。

ブランドロゴも修道士になっています。当時の修道士の仕事は重労働でビールで栄養を摂っていたと言われています。

様々な賞も受賞していて世界中で売られているビールです。

ベネディクティナー ヴァイスビア / Benediktiner Weissbier

アルコール度数5.4%、 100mlあたり45kcal

日本のビールのようなドイツビール。他のドイツビールと比べて泡立ちが凄いです。

ヴァイスとはドイツ語で小麦という意味です。名前のとうり小麦の風味が日本のビールに近いですが、柑橘系の風味がします。いつもとちょっと違った雰囲気を味わいたい人におすすめのビールです。

アルコール度数が5.4%と少し高めですが、味とコクがあるのであまり気になりません。

 



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください