海外赴任者が日本に一時帰国!wifiはどうする? ルーターをレンタル? SIMカード? 2022年版

海外赴任者が日本に一時帰国!wifiはどうする? ルーターをレンタル? SIMカード? 2022年版

 

海外赴任者、在住者で海外の携帯とSIMカードを使っている人が日本に一時帰国し、また海外に戻るとき、日本でwifiを使うにはどうしたらいいでしょうか。

海外ノマドの自分が、体験をもとに書きます。

方法として3つあります。

1. wifiルーターをレンタルして海外の携帯とSIMカードをそのまま使う。

2. 日本のプリペイドSIMカードを買って使う。

3. ホテルなどの無料のwifiで接続する。

3の無料wifiを使う方法はずっとホテル、カフェなどにいる人以外は、現実的ではないのでここでは省きます。

 

一時帰国者におすすめはwifiルーターをレンタル!

最初に結論ですが、SIMカードを買うよりも、wifiルーターをレンタルすることをおすすめします。自分はいつもwifiルーターを空港でレンタル、返却しています。

一時帰国時にwifiルーターをレンタルするメリット

とにかく、手間が一番かかりません。

1.海外で使っていた携帯、SIMをそのまま使える。

海外に戻る前提なので、電話番号を変えたくない人におすすめです。

 

2.データ量無制限プランがある

wifiルーターをレンタルする場合、料金は上がりますが、無制限のプランがあります。またwifiルーターは複数接続できるので、移動中どこでもパソコンを接続し、仕事もできます。

 

3.空港で受け取れる

会社にもよりますが、空港で受け取れてすぐ使えて、返却も空港でできます。

 

一時帰国時にwifiルーターをレンタルするデメリット

1.音声通話ができない。

SIMカードが海外のままなので、電話がかけられません。 自分は、LINEとWhatsAppで通話するので特に問題ありませんし、実際、音声通話をしなければならない場面はありません。

大体の店の予約はホームページからできます。

日本の電話番号を求められた時は、「ちょっと海外に住んでいまして」と言ってやり過ごします。どうしても日本の電話番号を書かなければいけない時は、実家の電話番号か、家族の番号を書きます。

2.ちょっと高い

基本的にwifiルーターをレンタルするときは、データ量無制限プランがおすすめです。

ずっと、データ量を気にせず使えると考えたら妥当な値段かもしれません。

日本に一時帰国した時にレンタルするおすすめポケットwifi(データ量無制限)2022年版

 

一時帰国時にSIMカードでwifiを使うメリットとデメリット

SIMカード

日本でプリペイドSIMを買ってそれを携帯に入れて使う方法です。空港でも売っています。

一時帰国時にSIMカードを使うメリット

1.音声通話ができる

仕事で会社に電話をかけなければいけない場合は、日本のSIMカードを使わなければいけませんが、電話番号が海外で使っていたものと変わるので、混乱するかもしれません。

 

2. ネットを使わない人には安い

ネットをあまり使わない人、滞在期間が短い人には、wifiルーターをレンタルするより安くなります。

 

一時帰国時にSIMカードを使うデメリット

1.電話番号が変わる

これが自分は、トラブルを引き起こすのではないかと心配で、いつもwifiルーターをレンタルしています。

 

2.データ量の無制限プランがない

データ量が無制限に使えるプランがなく、使った分だけ払う形になります。いきなり使えなくなる恐怖があります。

 

日本に一時帰国した時にレンタルするおすすめポケットwifi(データ量無制限)2022年版

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください