本場高級テキーラのパトロン/PATRÓNをメキシコ在住がレビュー! 特徴、種類、違い

本場高級テキーラのパトロン/PATRÓNをメキシコ在住がレビュー! 特徴、種類、違い

 

メキシコの名物といえばテキーラがあります。メキシコ在住フリーランスでテキーラ工場にも行き、テキーラを買いまくり、飲みまくった自分がレビューします。

そもそもテキーラとは原料のアガベ アスール テキラナ ウェーバーを51%以上使った酒です。

 

本場のテキーラとは何か?原料、製造方法、種類などをメキシコ在住が解説!

日本では原料アガベ51%以上の安いテキーラがたくさん売られていますが、本場メキシコでは100%のテキーラが基本です。味と香りが全然違います。もちろんパトロンのテキーラはアガベ100%です。

 

パトロン/PATRÓNとは?

 

メキシコの高級テキーラメーカーの一つです。世界中で売られ高い評価を得ています。メキシコではコンビニ、スーパー、酒屋で買えます。パトロン/PATRÓNの意味はスペイン語で「原型」という意味です。

グラン・パトロン/GRAN PATRÓNという超高級シリーズを作っていますが、今回は安いシリーズをレビューします。

 

パトロン/PATRÓNのテキーラの特徴

味の特徴はとにかく甘いです。

自然な甘さを感じられます。甘みの強さに関してはトップですので、炭酸割りにしただけでも、おいしいです。逆に割らないと味が強すぎます。香りは平均的なテキーラの甘い香りがします。

瓶が手作りで作られていてよく見ると気泡がたくさんあり、触ると凹凸がありますが、手作りならではの手触りがあって気持ちいいのでプレゼント、お土産にもおすすめです。

メキシコではスーパー、酒屋、コンビニで売ってます。

この価格帯で、瓶が紙に包まれて梱包されているのはパトロンだけです。

手書きでシリアルナンバーが書かれています。

製造工程での売りは、小ロットで生産し、手作りの樽を使っていることです。

アルコール度数は全て40%と高めです。他のメーカーのものは35%や38%が多いです。熟成期間が○ヶ月以上となっているのは、味の安定させるために色々な熟成期間のテキーラを使っています。

 

パトロンのダメなポイント

特徴で述べたように、ストレートで飲むと濃すぎます。しっかり個性があるのが高級テキーラの特徴でもあります。

 

あなたのアルコール感受性遺伝子を調べてみませんか?

 

パトロン シルバー/PATRÓN SILVER

ブランコ/BLANCOとも呼ばれる。熟成期間のないピュアなアガベの味を感じられるテキーラです。

アルコール度数40%で熟成期間がないので一番安いです。

味は自然な甘みがあります。ブランコの中で一番甘いんじゃないかと思うぐらい甘いです。ストレートで飲むと炭酸水で割りたくなるぐらい濃いです。

炭酸で割っただけなのにカクテルのような味になりかつ自然な甘みがあり、強い酒が苦手な方にもおすすめです。値段が高めですが、割って飲むと考えたらそうでもないです。

 

パトロン レポサド/PATRÓN REPOSADO

2ヶ月以上樽で熟成させたテキーラです。アルコール度数40%

レポサドとは「休んだ」という意味です。樽で熟成されているので色が少し茶色いです。

シルバー同様に強い甘みを保ちながら熟成によって、ドライさと深みが加わっています。他のテキーラはまろやかになりますが、これは違います。これも甘めなので炭酸割がおすすめです。

 

パトロン アネホ/PATRÓN AÑEJO

12ヶ月以上樽で熟成させたテキーラです。アルコール度数40%

アネホとはスペイン語で「熟成」という意味です。メキシコではアニェホと言います。

一番長い期間熟成されているので、色が茶色くなり一番高い銘柄です。

味はウイスキーのようなドライさ、スモーキーさが加わりながら、甘みもあります。ウイスキー感が加わっているせいか、シルバーより甘さは控えめでまろやかに感じます。炭酸割で美味しく飲めます。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください