おすすめのブランコ(シルバー)のテキーラ3選をメキシコ在住が紹介!

おすすめのテキーラ・ブランコ(シルバー)3選をメキシコ在住が紹介!

本場のメキシコであらゆるテキーラを飲みまくった自分が、おすすめのブランコという種類のテキーラを紹介します。

日本では安いテキーラがたくさん売られていますが、それらは原料のアロエのような植物アガベ・ テキラナ・ウェベル・バリエダ・アスルを51%以上含むもの(混ぜ物がある)もたくさんあります。

メキシコではアガベ100%のテキーラが基本で味、香りが全然違い、テキーラの概念が変わります。

メキシコのハリスコ州のアガベ農場

紹介する3つのテキーラは、全てアガベ100%でメキシコ人からも評価が高く、有名な高級テキーラメーカーのものです。同じメーカーの他の銘柄のレビューも別記事にありますのでチェックしてください。

テキーラ・ブランコって何? 意味

テキーラとはメキシコのハリスコ州発祥の酒です。テキーラとは何かについては別記事にまとめました。

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

ブランコとはスペイン語で「白」という意味で、樽での熟成期間がない、色が透明のテキーラを指します。プラタ(銀)とも呼ばれます。(英語圏ではシルバー(銀)とも呼ばれます。)色が茶色いテキーラは樽で熟成させたもので、期間が長くなるほど色が濃くなります。

テキーラは樽での熟成期間によって種類が分けられ、それぞれ名前があります。

ブランコ/Blanco:熟成期間無し

レポサド/Reposado:熟成期間2ヶ月以上、1年未満

アネホ/Añejo:熟成期間1年以上、3年未満

エクストラ・アネホ/Extra añejo:3年以上

しかし、熟成後に濾過の工程をしたクリスタリーノという熟成させたけれど透明な種類もあり、色が透明なテキーラは必ずしもブランコとは限りません。

テキーラ・ブランコの特徴

樽での熟成期間がないので、クリアな原料のアガベそのものの味が楽しめて、値段も安いです。

原料そのものの味とは、テキーラの特徴であるバニラのような甘い味と香りです、樽での熟成期間が長くなればなるほど、値段も上がり、ウイスキーのような香ばしさ、まろやかさが加わります。

まずちゃんとしたブランコを飲んで本当のテキーラの味を知りましょう。どれも流通量が少ないのでお早めに

結論:結局どのブランコのテキーラがいいの? 失敗しない選び方

結局どれが良いんだよっていう話になるので、各銘柄を紹介する前に超ザックリとした結論を述べます。

テキーラ本来の香りを楽しみたい人は、1のドン・フリオ ブランコ、

甘めの酒が好きな人は2のパトロン シルバー、

テキーラの本来の味をガッツリ感じたい人は3のトレス・ムヘレス ブランコがおすすめです。

1:ドン・フリオ ブランコ/Don Julio BLANCO

ドン・フリオ/Don Julioという高級テキーラメーカーのブランコです。(「Ju」はスペイン語で「フ」と読みます。)

アルコール度数は38%で平均的ですが、写真でも見てわかるように色が微妙に青くて綺麗です。メキシコ人からも人気の銘柄です。

ドン・フリオ ブランコのおすすめポイント

おすすめポイントは、バニラのような甘い香りです。

味はちょうど良くテキーラの甘い味がしますし、心地よい香りがします。アルコールもキツい感じがなく全体のバランスが一番良く、ストレートでも炭酸割りでも美味しく飲める、テキーラ本来の特徴を持ちながら万人に好かれるテキーラです。

ドン・フリオ ブランコのダメなポイント

高級テキーラは、味にガッツリ個性がありますが、これはすごく悪く言えば、無難なテキーラです。おいしいことは確かです。

本場高級テキーラのドン・フリオ/Don Julio5種をメキシコ在住がレビュー&おすすめ

2:パトロン シルバー/PATÓN SILVER

パトロンも高級メーカーの一つです。アルコール度数は40%で高めです。瓶が手作りで作られていて、微妙に凹凸があり、手触りが違います。

パトロン シルバーのおすすめポイント

おすすめポイントは強い甘さです。

他のブランコよりテキーラの特徴の甘さが際立っています。個人的にはストレートで飲むと甘すぎて、炭酸割がおすすめです。アルコールのエグみも少ないので、強い酒が苦手な人も梅酒のようなノリで、炭酸割りで美味しく飲めます。

パトロン シルバーのダメなポイント

他のテキーラより甘いため、酒の感じがあまりしません。メキシコ人はよりガッツリ味がしたテキーラが好きな傾向があります。おいしいことは確かです。

本場高級テキーラのパトロン/PATRÓNをメキシコ在住がレビュー

3:トレス・ムヘレス ブランコ/Tres Mujeres BLANCO

トレス・ムヘレス/Tres Mujeresは「三人の女性」という意味で、創始者が三人の娘を持っていたことが由来です。

メキシコのハリスコ州にあるトレス・ムヘレスの農場

アルコール度数38%です。メキシコでは流通量が他と比べて少なく、あまり店で見かけません。

トレス・ムヘレスのおすすめポイント

おすすめポイントは味の濃さです。

しっかりとしたテキーラ本来の味が、ガツンと来ます。味が濃いせいか、アルコールのキツさもそこまで感じません。ぜひロックか、ストレートで飲んで貰いたいです。もちろん、日本でショットで飲む安いテキーラとは味が違います。

日本でも数が少ないのでもし見かけたら買ってみてください。

トレス・ムヘレスのダメなポイント

ガツンとパンチのある味がするため、アルコール度数40%前後の酒に飲み慣れていない人は、キツいと感じるかもしれませんが、これこそ本場のテキーラの良さでもあります。

本場の高級テキーラ、トレス・ムヘレス/Tres Mujeresをメキシコ在住がレビュー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください