メキシコのコロナビール Coronaをレビュー! 味、特徴、バケツ付き、カロリー、糖質!

メキシコのコロナビール Coronaをレビュー! 味、特徴、バケツ付き、カロリー、糖質!

 

  メキシコはテキーラのイメージあるかもしれませんが、ビールも大量の種類があります。 日本でも有名なメキシコのビール、コロナをレビューしていきます。    

 

コロナビールとは?特徴、飲み方

 

1925年に誕生し、1935年メキシコで一番売られているビールになりました。

1940年初めてビール瓶にロゴなどを印刷し、1976年アメリカに輸出開始、1997年アメリカで一番売られている輸入ビールになり、現在は世界180カ国で売られているメキシコのビールです。 グルーポ・モデロ/Grupo Modeloという会社によって輸出されています。

コロナはスペイン語で「冠」という意味で、由来はコロナビールを手にしたとき、「王になれる」からです。

  公式ホームページでは、「ライムと飲んだら美味しいよ」と推奨されています。

日本では、店でライムが瓶に刺さって出てきますが、メキシコでは店でライムと一緒に出てきませんし、ライムと一緒に飲んでいる光景を全く目にしません。    

カロリー、糖質を記入しましたが、参考として アサヒスーパードライは1缶のカロリーは147kcal。糖質:10.5gです。

 

本当に美味しいテキーラランキング TOP5!メキシコ在住がおすすめ!

コロナ エキストラ / Corona Extra

アルコール度数:4.5%

カロリー1瓶(355ml)あたり:148kcal

糖質 1瓶(355ml)あたり:14.0g

日本のビールよりあっさり系の、ビーチで飲みたくなるビール。

暑い日にゴクゴク飲みたくなるピルスナーという、日本のビールと同じタイプのビールですが、苦味は少ないです。

瓶には「最高級のビール」と印刷されていて、紺色の部分は海を表し、ビールの黄色い部分は太陽を表し、全体で美しいビーチを表現しています。  

カロリーはアサヒスーパードライと同じで、糖質は3.5g多いです。

コロナ エキストラ バケツ付き

コロナのバケツとセットでも売っています。

メキシコではバーで、少し安くなる6本セット等でビールを頼むとバケツに氷と一緒に入って持ってきてくれます。

 バケツ単品でも売っていますが、ビールとセットの方がお得です。

 

コロナ ライト / Corona Light

  アルコール度数:3.4%

カロリー1瓶(355ml)あたり:107kcal

糖質 1瓶(355ml)あたり:6.0g

味は超ライトな、健康志向ビール。

コロナ エキストラは、あっさり系ビールですが、これはさらにあっさりしています。

健康志向の人には、良いですが、ビール好きの人には、かなり物足りない感じがします。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください