本場テキーラのエル・ヒマドール/El Jimador4種をメキシコ在住がレビュー!!

本場テキーラのエル・ヒマドール/El Jimador 4種をメキシコ在住がレビュー!!

 

メキシコといばテキーラとビール、日本でも買えるテキーラのエル・ヒマドール /El Jimadorを数々のメーカーのテキーラを飲みまくった自分がレビューします。

スペイン語で 「Ji」は「ヒ」と読むので「ヒマドール」と読みます。

エル・ヒマドール/El Jimadorとはどんなテキーラ?

パッケージにもあるこの男の人がヒマドールです。

ヒマドールとは、テキーラの原料であるユリ科の植物アガベ(リュウゼツラン)をスコップの様な専門の農具で収穫する専門の人のことです。収穫するときのアガベは巨大で25〜45kgになります。

アメリカでたくさんの賞を受賞したメーカーで、比較的値段も安くカクテルにもおすすめで、アネホとクリスタリーノは、日本であまり手に入らないのでメキシコに行った時のお土産におすすめです。

アガベ100%(原材料100%)で日本でショットで飲んでいるものとは味、香りが全然違います。一般的に樽での熟成期間が長いほど、茶色の色が濃くなり、値段も高くなります。

 

エル・ヒマドール/El Jimadorの特徴

全体の傾向として、ソフトな口あたりで、クセがなく飲みやすいです。飲みやすいテキーラを探している人にはおすすめです。

アガベ100%のバニラの様な甘い香りと味もちゃんとあり、お手軽な値段でちょっとちゃんとした本場のテキーラを体験してみたい人にもおすすめです。一番安いブランコでも十分楽しめます。

ブランコ、レポサドは他のメーカーと比べてアルコール度数が35%と微妙に低いです。

熟成期間により、それぞれ特徴があり、良い悪いは無く、味の好みでお気に入りを見つけてみては!

 

エル・ヒマドールのダメなポイント

クセがなくとても飲みやすく、アルコール40%前後の酒に慣れていない人でもいける感じがありますが、逆に言えばテキーラ本来の甘みやパンチの強さが乏しいと感じるかもしれません。

 

エル・ヒマドール ブランコ/El Jimador BLANCO

アルコール度数 35%
熟成期間 無し
他のメーカーのブランコよりはかなりまろやかで飲みやすく、テキーラ独特な甘みもある。
香り 甘いテキーラの香りがちゃんとある
透明

ブランコは「白」という意味で熟成期間が無いもの、または短いテキーラです。

原料のアガベそのものの味が楽しめて値段も安いです。他のメーカーではプラタ、シルバーとも呼ばれます。

 

エル・ヒマドール レポサド/El Jimador REPOSADO

アルコール度数 35%
熟成期間 2ヶ月

テキーラにウイスキーの後味を加えた様な、甘みのある味ですっきりしていてとても飲みやすいです、強めの酒が苦手な人でも飲めるような感じがあります。

香り テキーラにウイスキーの香りをほんの少し足した様な香ばしい香り
微妙に黄色

レポサドはブランコを樽で2ヶ月熟成させたもので、意味は「休んだ」という意味です。

熟成させる期間が長いほど、味がまろやかに色が濃くなります。

 

エル・ヒマドール アネホ/El Jimador AÑEJO

アルコール度数 38%
熟成期間 12ヶ月
味は他と比べて濃くて、ウイスキー感があるが、テキーラの甘みも、ちゃんとあるのでロックで飲むのもおすすめ
香り アルコールの香りと強いテキーラの甘い香り
茶色

 

アネホとはスペイン語で「熟成した」という意味で、メキシコではアニェホと言います。

おすすめアネホの本場テキーラ3選をメキシコ在住が紹介!

エル・ヒマドール クリスタリーノ/El Jimador CRISTALINO

アルコール度数 35%
熟成期間 12ヶ月
アネホのウイスキーの様な香ばしさはいい感じに無くなり、クセの無い甘みだけが残り、とても飲みやすい
香り 香りもテキーラのバニラの様な甘みがいい感じにある
透明

12ヶ月の熟成のあとに特別な濾過の処理をしたために色が透明になっています。

この濾過の処理は、いい感じにクセのある部分を取り除く様に時間や製法がメーカーによって異なります。手間がかかるため値段は一番高いです。

日本では手に入りにくいので、メキシコに行った際のお土産にも良いです。しかもメキシコでは超安いです。

テキーラのとは何?原料、製造方法、熟成期間

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください