本場テキーラのミティエラ/Mi Tierraをメキシコ在住がレビュー!!

本場テキーラのミティエラ/Mi Tierraをメキシコ在住がレビュー!!

メキシコの、テキーラの本場ハリスコ州に住んで、テキーラ、メスカルを飲みまくっている自分が本場テキーラのミティエラをレビューします。

テキーラの定義として原材料のアガベというアロエのような植物を50%以上含むことが条件の一つとなっています。

原料のアガベ・テキラナ・ウェーバー

メキシコで売られているテキーラはほぼ全てアガベ100%のものですが、日本では50%以上(混ぜ物が入っている)のテキーラ型草塗られています。

アガベ100%のテキーラは味、香りが全然違うので、是非、本場のテキーラを味わって欲しいです。

もちろんミティエラはアガベ100%です。

テキーラって何?製造方法、原料、種類など

別の記事に詳しくまとめました。

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

ミティエラ/Mi Tierraとは? 意味

ミ/mi はスペイン語で「私の」ティエラ/tierraは「大地」という意味です。なので正確には「ミ ティエラ」です。

ハリスコ州のアマティタン/Amatitánで製造しています。ミティエラ以外のシリーズも作っていますが、ミティエラが最上位のシリーズになります。

メキシコでは流通量は多くなく、どこでも売っている感じではなく、2個セットもあります。↓↓

瓶は収穫後に葉を全て切り落とした状態のアガベの形をしていて、このパイナップルのような状態は「ピーニャ」と呼ばれ、この状態で窯に入れ圧力をかけます。

窯から出たピーニャ

瓶に貼ってあるパッケージは金属ではなく紙のシールです。蓋は木が樹脂に埋め込まれていて木で蓋がされます。

シリーズの味の特徴としては、とにかくまろやかでアルコールのエグみ、キツさがないので炭酸割り、ロックやカクテルにしても美味しく、万能で万人ウケします。

ミティエラ ブランコ/Mi Tierra Blanco

アルコール度数38%

ブランコとはスペイン語で「白」という意味で樽での熟成期間のないテキーラのことです。値段は一番安いです。

原料のアガベの味をダイレクトに感じられます。樽で熟成させるとまろやかになって行きますが、ミティエラのブランコは既にまろやかで飲みやすいです。

テキーラの味、甘み、香りもしっかりして、アルコールのエグみもないので炭酸割り、ロックで美味しく飲めます。

テキーラをあまり飲んだことがない人は、このブランコから飲んでみてください。

ミティエラ レポサド/Mi Tierra Reposado

アルコール度数38%

8ヶ月フレンチオークの樽で熟成させたテキーラです。色は微妙に茶色いです。

ウイスキーのような香ばしさがあり、香りもいい感じにスモーキーさがあります。さらにまろやかになり、甘みも強く感じるので何かで割りたくなります。

レポサドはまろやかさと甘さのバランスが良く、メキシコでも人気で売れています。

ミティエラ アネホ/Mi Tierra Añejo

アルコール度数38%

18ヶ月フレンチオークの樽で熟成させたテキーラです。色は茶色いです。

味が一番濃くさらにスモーキーになっています。甘みも増しているので何かで割りたくなります。甘みがすごく、苦味も微妙に感じます。

ウイスキーが好きな人にはおすすめです。ウイスキーより独特の甘みがあり、好き嫌いが別れるので一度飲んで見てください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください