テキーラは本当にまずいのか?テキーラを本場メキシコ在住が解説

テキーラは本当にまずいのか?テキーラを本場メキシコ在住が解説

テキーラを罰ゲームのようにショットで飲み、気分が悪くなり、嫌な思いをして、テキーラはまずい酒と思っている人は多いのではないでしょうか。

メキシコ在住で、本場の良質なテキーラを飲みまくった自分が、その誤解を解いていきます。

テキーラがまずいとされる理由1:日本で売っているものの質が悪い

テキーラの定義ですが、原料のアガベ・テキラナ・ウェーバー(竜舌蘭/リュウゼツラン)という見た目がアロエに近い植物を51%以上含むものとされています。

そして51%程度しか含んでいないものもあれば、100%のものもあり、もちろん100%のものの方が良質とされ、値段も高いです。

メキシコでは基本的に店に売っているものの大半が100%のものであり、メキシコ人が100%以外のテキーラを飲んでいるのを見たことがありませんし、100%以外のものは誰も買いませんし、全然安いです。

しかし、日本では明らかに原料のアガベ100%のものは高いですし、店ではあまり見かけません。

日本でよく見かけるホセ・クエルボ・エスペシアル/Jose Cuervo Espacialは、51%以上のタイプのテキーラで、つまり混ぜ物が入っています。

Jose Cuervo Especial

はっきり言って、100%のテキーラを知っている人からしたら、まずいです。アルコールのエグみ、キツさだけが強く飲みづらいです。

サウザ・ブルー/Sauza Blueも日本でよく見かけますが、これも同じく51%のもので、100%のものと比べたら別物で風味がありません。

Sauza Blue

100%の良質なテキーラは独特なバニラのような甘い香り、味がします。樽で熟成される期間の長さで、値段も上がり、香ばしさやまろやかさも加わります。

メキシコ在住がおすすめ、本当に美味しいテキーラランキング TOP5

テキーラがまずいとされる理由2:ショットで飲む

日本で売っている質の悪いものをショットで飲んだらキツいに決まっています。

メキシコでもショットで飲みますが、それは原料のアガベ100%の甘い香りのする良質なものです。逆に51%以上のテキーラはあまり見かけません。

また、カクテルにして飲むことも、よくあります。日本ではなぜかあまり馴染みがありませんが炭酸割りやカクテルにしても美味しいです。

是非、本場の美味しいアガベ100%のテキーラを体感してみてください。

カクテル用におすすめのテキーラTOP3をメキシコ在住が紹介!!

 

そもそもテキーラって何?原料、製造方法など

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください