テキーラの選び方、熟成期間による特徴、違いをメキシコ在住が解説

テキーラの選び方、熟成期間による特徴、違いをメキシコ在住が解説

テキーラってたくさん種類があるけど、何が違うの?どれを選べばいいの?という疑問に答えます。

テキーラの定義として原材料のアガベが51%のものとされていますが、ここでは、テキーラ=アガベ100%を前提として、100%のものについての評価を書きます。

勿論、高級なものは美味しいですが、常識の範囲でコスパも考慮し、日本で手に入るおすすめを書きました。

これが原材料のアガベです。

アガベ100%じゃないものは、安く、味が全然違い、特徴である甘い味、香りがありません。

そもそもテキーラって何?原料製造方法

別記事にまとめました。

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

一般的に熟成期間が長ければ長いほど、値段は高い

テキーラは樽で熟成させます。全くさせないものもあり、色は透明で原料のアガベ・アスールのピュアな味と香りを味わえます。

原料の品質は、全てのメーカーの全ての銘柄で同じと考えられるので、熟成期間が長くなればなるほど値段が上がり、茶色の色が濃くなっていきます。

値段が高いちゃんとしたメーカーのテキーラは、味、香り、コクが強くなっていき、強いアルコールのエグみもなく満足感があります。

良い日本酒などは、スッキリ飲みやすいですが、良いテキーラは味がしっかりしていて深みがあります。

結局どのタイプを買えばいい?

結論は、ウイスキーが好きな人はレポサドかアネホで、そうじゃない人はブランコがおすすめです。

レポサドとアネホは、樽で熟成されてウイスキーに近いものがありますが、味はテキーラの味がしっかりします。

ブランコはまさにテキーラ本来の味、香りが楽しめるので、まずは最初にブランコを飲むことをおすすめします。

どちらにせよ、アガベ100%と表記されているものにしましょう。

種類(熟成期間)による味の違い、おすすめのテキーラ

一般的には、熟成期間が長くなるほどテキーラ の特徴である甘い味と香りがまろやかになっていきます。熟成期間により以下に分類されます。

ドライな味のテキーラ ブランコ/BLANCO

センテナリオ 40/CENTENARIO 40

シルバー、プラタとも呼ばれる熟成期間がないテキーラです、ドライでキレのある強い味で、すっきりしていて飲みやすい。逆に言えば、深みとコクが無いです。

ちゃんとしたテキーラ(原料のアガベ100%)を何も飲んだことがない人は、まずは本来の味を知るためにこのブランコを飲むことをおすすめします。

おすすめのテキーラブランコ

ドンフリオ ブランコ/Don Julio BLANCOです。これは微妙に色が青いです。見た目も綺麗で、プレゼントにも良いし、なんと言ってもテキーラの特徴である甘い香りが良く、バニラのようです。ドンフリオのテキーラは全て品質が高く、メキシコ人にもとても人気です。

炭酸で割って飲んでも、甘い味と香りが楽しめますし、マルガリータなどのカクテルでも存在感を出します。

アガベ100%のテキーラ本来の味を知ることができます。

程よく香ばしい レポサド/REPOSADO

エラドゥーラ レポサド/HERRADURA REPOSADO

樽で2ヶ月以上、1年未満熟成させたものがレポサドです。色は微妙に茶色で、程よくテキーラ本来の甘い味、香りに木の香ばしさが微妙にプラスされています。流通量も多く、人気があります。

おすすめのテキーラレポサド

エラドゥーラ レポサド/HERRADURA REPOSADOです。このエラドゥーラ/HERRADURAというメーカーもメキシコでは人気で、レポサドは特に売れています。きちんとテキーラの味を残しつつも、11ヶ月の熟成により、深みがあります。エラドゥーラの特徴として味はドライで、後味に香りが残ります。

ロックか炭酸割りがおすすめです。

スモーキーさが際立つ上品なアネホ/AÑEJO

トレス・ムヘレス アネホ/Tres Mujeres Añejo

本場ではスペイン語なのでアニェホといいます。1年以上(一般的には3年)樽で熟成されたテキーラです。ウイスキーのような上品なコクがあり、まろやかさもプラスされています。流通量は比較的少ないです。

おすすめのテキーラアネホ

クエルボ 1800 アネホ/Cuervo 1800 AÑEJOです。ホセ・クエルボというメーカーの1800というシリーズのアネホです。1800はスペイン語でミルオチョシエントスと読みます。

1800の特徴としては、まろやかで飲みやすいです。熟成によって味はまろやかでコクがあり、かつテキーラの甘みもいい感じにします。

独特な味のクリスタリーノ/CRISTALINO

クエルボ 1800 クリスタリーノ/Cuervo 1800 CRISTALINO

1973年から知られるようになった、熟成の時に茶色く色がついたテキーラを透明にする濾過の処理をされたもので、日本ではほぼ見かけません。

レポサドを濾過したものとアネホを濾過したものがあります。

味と香りははとにかく甘いです。アルコールのエグみも無くなっていて飲みやすく、他のテキーラとは別の系統の味がします。メーカーによってかなり味が違います。

おすすめのテキーラクリスタリーノ

ドン・フリオ 70/Don Julio 70です。バニラの様な甘い味、香りすごくあり、アルコールのキツさがなく上品でスッキリしている。日本では何故か限定品とされている場合もありますが、メキシコでは至る所で売ってます。

ロックで飲むのがおすすめです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください