日本で買えるうまいドイツビール 3銘柄!プレゼントにもおすすめ!

日本で買えるうまいドイツビール3銘柄!プレゼントにもおすすめ!

 

ビール大好きな酒好きで世界中で飲んできた自分が、たくさん種類のあるドイツビールから、うまいドイツビールを選んで紹介します。

 

ドイツビールの特徴、なぜ有名?

ドイツビールはなぜ有名なのでしょうか。ザックリ言うと歴史が長いからです。別記事にまとめました。

ドイツビールはなぜ有名? 歴史、製法、種類、特徴、違い、苦い?

 

 

黒ドイツビールのケストリッツァー シュバルツビア / Köstritzer Schwarzbier

アルコール度数4.8%、100mlあたり、41.5Kcal

コーヒーのような香ばしい香り、コクがありつつも、後味がスッキリしていて飲みやすい黒ビール。

ケストリッツァーの黒ビールです。 シュバルツ/schwarz はドイツ語で「黒」という意味です。見た目がコーラのような色でこってりしているかと思いきや、後味はスッキリしています。ビール、酒好きにおすすめのビールです。

日本のとは違い、スカッとするのでたくさん飲んでも飽きません。日本の黒ビールがダメな人でも、ちょっと試して歴史を感じて欲しいビールです。

下面発酵(タンクの下の方で発酵させる方法、ラガーとも呼ばれる)、で作られたビールの一つです。日本のビールは、ほぼ下面発酵です。

ケストリッツァーは、シュバルツの代表的メーカーです。ドイツの文豪ゲーテも飲んでいたと言われています。

苦味:7.6/10

 



フルーティなパウラーナー へフェ ヴァイスビア / PAULANER Hefe Weissbier

アルコール度数5.5%

フルーティさとコクのバランスが取れているビール。

フルーティさがあるビールは何か物足りない感じがしたりしますが、このビールはコクがあり、これぞビールという満足感もあり、おすすめです。

ドイツビールの中では比較的日本のビールに近い味がするので、和食とも合い、「なんか変わっているなぁ⤵︎」とはなりません。

「へフェ」とはドイツ語で「酵母」という意味で、カタカナで「へーフェ」とも書かれます。

ヴァイス weissとは「白」という意味で、ヴァイスビアは白ビールという意味です。ヴァイツェン weizen というドイツビールも同じ白ビールです。小麦が多く使われているので色が白めです。

地元でも人気があり、パウラーナーの代表的ビールです。

苦味:7/10

 

 

パンチのあるエルディンガー ピカントゥス / ERDINGER Pikantus

アルコール度数:7.3%

ガッツリ濃い味、麦の深いコクのビール。

ピカントゥスとはドイツ語で「辛い、スパイシー」という意味です。辛くはありません。クリーミーな泡があります。

アルコール度数が高めのビールは、味が濃い傾向がありますが、このビールもしっかりとした麦のコクがあり、7.3%のアルコールのキツさを感じません。

味は日本のビールと明らかに違い、多くの人が未体験の濃さがあります。1本で満足したい人、酒好きに超おすすめです。

苦味:7.5/10

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください