おすすめのヴァイツェン、ピルスナーのドイツビール! 日本で買える?

おすすめのヴァイツェン、ピルスナーのドイツビール!日本で買える?

 

結論から言うとたくさんのドイツビールが日本で買えます。

世界中でありとあらゆる酒を飲んだ自分が、歴史のあるドイツビールをレビューしていきます。

 

ヴァイツェン Weizen、ピルスナー Pilsnerとは? 意味

ヴァイツェン Weizen、ピルスナー Pilsner はビールのスタイルの名前です。

味の傾向も以下に書きますが、ドイツビールは銘柄によって味が全然違うのであくまで参考としてください。

ヴァイツェン Weizen

ドイツ語でヴァイツェン Weizenとは「小麦」、ヴァイス Weissとは「白」という意味です。

ヴァイスビアは「白ビール」という意味ですが、これもヴァイツェンと同じ小麦のビールです。

濾過をしていない濁っているタイプもあり、味は軽い口当たりの飲みやすいビールです。

 

ピルスナー  Pilsner

ピルスナーとはチェコのピルゼン Pilzeň で発祥したビールです。

ドイツ語ではピルゼンですがチェコ語ではプルゼニと言います。ここでピルスナービールの元祖「ピルスナーウルケル Pilsner Urquell」が作られました。名前の意味はドイツ語で「ピルスナーの元祖」です。

もちろん現在もピルスナーウルケルは飲めます。

日本のビールもこのピルスナーに分類されますが、やはり、ドイツのピルスナーは日本のものより、ホップのフルーティな味、香りが際立っています。

 



おすすめのヴァイツェンのドイツビール

エルディンガー へフェ ヴァイスビア

 

アルコール度数5.3%、100mlあたり44kcal

苦味が少なく後味に風味が残る爽やかビール。

苦味はあまりなく、飲みやすいビールです。後味、コクがあるので満足感があります。

日本のビールにちょっと似ているので、「なんか違う」と感じることはないです。クセがあまりないので様々な料理と合います。

エルディンガーはメーカーの名前で超有名なドイツビールです、あえて濾過をしていないので色は少し濁っています。

苦味:6/10

 

エルディンガーのその他のビールのレビューは別記事です。

ドイツビールのエルディンガー / ERDINGER 4銘柄を飲み比べレビュー!

 

 

パウラーナー へフェ ヴァイスビア

アルコール度数5.5%

フルーティさとコクのバランスが取れているビール。

フルーティさがあるビールは何か物足りない感じがしたりしますが、このビールはコクがあり、これぞビールという満足感もあり、おすすめです。

ドイツビールの中では比較的日本のビールに近い味がするので、和食とも合います。

「へフェ」とはドイツ語で「酵母」という意味で、カタカナで「へーフェ」とも書かれます。

小麦が多く使われているので色が白めです。

地元でも人気があり、パウラーナーの代表的ビールです。

苦味:7/10

 

パウラーナーのその他のビールのレビューは別記事です。

ドイツビールのパウラーナー / PAULANER 4銘柄 を飲み比べレビュー!

 

 

おすすめのピルスナーのドイツビール

ビットブルガー プレミアム ピルス Bitburger Premium Pils

 

アルコール度数:4.8% 、100mlあたり40Kcal

あっさりホップのフルーティーなビールです。爽やかで苦味、クセもあまりなく、何の料理にでも合うようなビール。

世界中で飲まれている有名なピルスナーのドイツビールです。

苦味:7/10

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください