スペイン語で日本の固有名詞に冠詞は必要か?

スペイン語で日本や外国の固有名詞に冠詞、定冠詞は必要か?

スペイン語の特徴であり、多くの日本人を悩ませる名詞の性別、特に通訳案内士を目指す人は、日本の固有名詞(Kimono, Toriiなど)に定冠詞をつけるのか迷うところでしょう。

結論:人、場所の名前以外は定冠詞が必要(例外あり)

物の名前には定冠詞が要ります。

例:el Kimono,(着物), el Torii(鳥居), el Jizo(地蔵)la Yukata(浴衣)

El Kimono es un vestido japonés. 

着物は日本の服です。

各国の固有名詞を男性名詞か女性名詞どうやって判断する?

例外は稀にありますが、スペイン語の場合と同じく最後の文字がaの場合以外は、男性名詞扱いです。

スペイン語では、中性(男性でも女性でもないもの)は、男性名詞として扱われるため、男性名詞の割合の方が高くなります。

寺、場所などの名前を言いたいとき

例えば、Sensoji/浅草寺と言っても、それが何なのかわからないので『寺』と同時に言いたいときがあると思います。その時は

el templo Sensojiと最初にどんなものかを言い、その後名前を言います。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください