おすすめノースフェイスのシェルジャケット3種、フューチャーライトを紹介

おすすめノースフェイスのシェルジャケット3種、フューチャーライトを紹介

ノースフェイスの防水シェルジャケットが欲しいけど、10種類以上もあり、値段もピンキリなので、結局性能はどれが良くて、どれを買えば良いかわからない人は多いのではないでしょうか?

世界を旅するノマドのミニマリストの自分が、おすすめのノースフェイスの防水ジャケットを3つに厳選してレビューします。どれにするか無駄に悩む時間がなくなります。

値段は多少高くても、軽量、コンパクトさ、快適さを求めるならフューチャーライトシリーズ。

最初に結論ですが、とにかく性能が高い中から選びたいという人は2019年に発売された新素材で作られたフューチャーライトシリーズが一番おすすめです。

フューチャーライトとは、新しい生地の名前で、この素材はジャケットの外側から内側には防水になっており、内側から外側に対して蒸気を出せるので、蒸れずに快適に着ていられるというハイテク素材です。

軽さ、コンパクトさ、快適さ等、性能的にはノースフェイスのジャケットで一番良いです。種類、色もたくさんあるのでチェックしてみてください。

より詳しくは別記事に全てをまとめました。

ノースフェイス・フューチャーライトジャケットのレビュー North Face Summit L5 LT Futurelight Jacket GORE-TEX

街中で着る人はノースフェイス マウンテンレインテックスジャケット

生地の厚さ70デニールの3層のゴアテックスジャケットです。Lサイズで450gなので、軽いです。専用スタッフサック付き。

おすすめポイントは、ボタン留めでアウトドア感、カッパ感がないことです。街中でも羽織れますし、他のノースフェイスのジャケットはジップ留めなので、個性があります。

フードも襟部分に収納できるのでさらに、アウトドア感を減らせて、様々なシーンで使えます。

アウトドア用ならノースフェイス オールマウンテンジャケット

生地の厚さ70デニールの3層のゴアテックスジャケットです。Lサイズで490gです。

おすすめポイントは、とにかくタフなことです。登山、アウトドアに使いたい人はこれがおすすめです。

内ポケット、外には2つのポケット、ベンチレーションがあり、カラーバリエーションが豊富です。重さは多少ありますが便利に長く使えます。

裏地にマイクロトリコットという記事を使用し、しなやかになっています。

走る用、コスパならノースフェイス クライムライトジャケット

生地厚さ20デニールの3層ゴアテックスジャケットです。Lサイズで270gで軽いです。専用スタッフバッグ付き。

おすすめポイントは、軽さとコスパが良いことです。あまり使わないけど、ちゃんとしたメーカーのものが欲しいという人や、雨のためにとりあえず、鞄に防水ジャケット入れておきたい人におすすめです。

他のジャケットとはデザインが違い、スリムでスタイリッシュなデザインとなっています。「ランニングしてます感」もなく、270gのゴアテックスで安いものも少ないのでおすすめです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください