本場のテキーラのホセ・クエルボ1800の4種類をメキシコ在住がレビュー

本場のテキーラのホセ・クエルボ1800の4種類をメキシコ在住がレビュー

メキシコといえばテキーラです。

メキシコに住みテキーラを飲みまくった自分がホセ・クエルボ 1800をレビューします。

ホセ・クエルボ/Jose Cuervoとは?

日本でもよく見かけるテキーラのメーカーで、庶民的なテキーラから高級シリーズまであり、現在世界的に広く知られている超有名メーカーです。

1758年、ホセ・マリア・グアダルーペ・デ・クエルボは、スペイン国王からテキーラを商業的に生産する最初の公式憲章を受け取った後、1795年まで製造を禁止されました。

最初のヴィノ・メスカル・デ・テキーラ・デ・ホセクエルボの販売を開始しました。

クエルボはそれ以来、ラテンアメリカで最も古い蒸留所であるラ・ロヘニャでテキーラを生産しています。

ホセ・クエルボ 1800とは? 読み方、飲みやすく、美味しい

一番高い1800 アネホ/AÑEJOは微妙に箱の背が高く、造りもしっかりしています。

ホセ・クエルボ/Jose Cuervoの高級シリーズで数々の賞を取っています。1800はスペイン語でミル・オチョシエントスと読みます。

由来は1800年に初めて熟成に成功したからです。

8〜12年目のアガベ100%で(原材料100%で混ぜ物無し)で罰ゲームのショットで一気するテキーラとは明らかに味、香りが違います。

超高級というわけではないので、日本でも手に入りやすいです。しかも蒸留酒なので、糖質が少なく、太りにくいです。

箱付きで、瓶は蓋が木でできていて高級感があります。

テキーラ クエルボ 1800の特徴

ドン・フリオなどの他のテキーラと比べて、バニラのような甘い香りはあまりないですが、味がとてもソフトで飲みやすいです。

アルコールの高い酒が苦手な人、本場のテキーラを味わってみたい人にもおすすめです。

とにかく飲みやすいので逆に言えばテキーラ本来のパンチ、味の強さが少し無いかもしれませんが、好みの問題です。

メキシコ人からも、レポサドとアネホはとても人気があり、パーティーでよく目にします。

日本でも流通量が多く、人気があるのは「飲みやすく、かつしっかりした本場のテキーラの味もある」ことが理由です。

 

4種類のホセ・クエルボ1800のレビュー、違い

熟成期間、処理によって4種類あります。

一般的に熟成期間が長いほど、色が茶色くなり、値段が高くなります。

メキシコで売られているものは蓋が木で出来ています。

クエルボ 1800 ブランコ(シルバー)BLANCO

アガベ(リュウゼツラン)から作られたテキーラに特別に選ばれたテキーラをブレンドして作ったテキーラです。

熟成期間がないので一番安いです。日本に輸出されているものは、シルバーと表記されています。

アルコール度数 38%
樽での熟成期間 無し
他のテキーラブランコと比べて、口当たりがソフトで飲みやすさがある。炭酸割りやカクテルで飲むのがおすすめ。
香り テキーラの特徴の甘い香りはそこまで無く、アルコールの香りがする。
透明

クエルボ 1800 レポサド REPOSADO

アルコール度数 38%
樽での熟成期間 アメリカンオークまたはフレンチオークの樽で6ヶ月
ウイスキーの後味を少し甘くしたようなテキーラ、ブランコよりもマイルド、ロックで飲むのがおすすめ。
香り 多少ブランコよりは香ばしい
微妙に茶色

このレポサドはとても人気があり、おすすめです。もちろん焼酎、ウイスキーのように炭酸で割ってもおいしいです。

クエルボ 1800 アネホ AÑEJO

アルコール度数 38%
樽での熟成期間 フレンチオークの樽で14ヶ月間
レポサドより、まろやかで薄味(すごく飲みやすい)ウイスキーのような味に甘みが少しプラスされたテキーラ。ロックで飲むのがおすすめ
香り アルコールの香りの中に甘みがある
濃い茶色

アネホはレポサドとともに人気があり、あまりアルコール40度の酒を飲まない人にもおすすめです。

クエルボ 1800 クリスタリーノまたは クリスタル/ Cuervo 1800 CRISTALINO

アルコール度数 35%
樽での熟成期間 フレンチオークの樽で14ヶ月間
1800では一番飲みやすく、クセが無くスッキリしているがテキーラの甘みもちゃんと残っている、テキーラみたいじゃないテキーラ、
香り 甘い香りがして、アルコールをそこまで感じない
透明

アネホのテキーラに特別な濾過の処理をして、クセのある部分だけを取り除いたもので、その過程で色も透明になります。

値段は一番高く箱、瓶もおしゃれです。

クリスタリーノのテキーラは味が各メーカーでかなり違いがありますが、これは程よくフルーツのような甘みがありロックでも、炭酸割りでも美味しく飲めます。

日本では手に入りにくいので、メキシコに行った時のお土産におすすめです。

そもそもテキーラって何?原料?製造方法?

別記事で解説しました↓↓

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください