本場テキーラのオレンダイン オリータス/OLLITASをメキシコ在住がレビュー!

本場テキーラのオレンダイン オリータス/ORENDAIN OLLITASをメキシコ在住がレビュー!

メキシコといえばテキーラ!本場のメキシコにはアガベ100%(原料100%)の本物のテキーラがたくさんあります。日本で買えるものはアガベ51%以上の混ぜ物が入ったものがたくさん売られていますが、味と香りは別物です。

オリータス/OLLITASの特徴、ダメなポイント

テキーラメーカーのオレンダイン/Orendain

スペイン語で正確にはオジータスと読みます。オレンダイン一家によって設立されたオレンダイン/Orendainというメーカーのテキーラシリーズの一つで、二番目に高級なシリーズになります。他のテキーラと同じくハリスコ州/Jaliscoで5000ヘクタールの農場で製造されています。

本場のテキーラの村のテキーラ/Tequilaにも、直営店があり、超高級シリーズのグラン・オレンダイン/GRAN ORENDAINもあります。

テキーラにある直営店の様子

1840年に始まったメーカーで特に2000年代に入ってからたくさんの賞をとっています。

オリータスの味の特徴

オリータスの味の特徴として、まろやかで上品な甘みのあるテキーラです。ストレートで飲んでもアルコールのエグみ、キツさは少なく飲みやすくかつ、テキーラの甘い味をしっかりと感じられ、香りがきて後味スッキリです。

強い酒が苦手な人にもおすすめです。高級テキーラのエラドゥーラとは違った良さがあります。

製造プロセスは特に変わったことはしていなくて、オーソドックスなテキーラの製法です。

オレンダインの中で安いシリーズで、瓶が他のテキーラと比べ凄くシンプルで地味なので、かなり損をしています。知名度が無いのは瓶のせいです。

オリータスのダメなポイント

すごく上品な味で、安いテキーラの様なチープさもなく飲みやすいですが、パンチやテキーラ本来の味の強さを求めるワイルドな人には物足りなさもある真子しれません。自分的には、味、香りはちょうど良い塩梅です。

オリータス ブランコ/OLLITAS BLANCO

アルコール度数35%、熟成期間がないので、一番安くピュアなアガベの原料の味を感じられます。

しっかりとバニラのような甘い香りのするテキーラで、上品な甘さがして他メーカーのブランコよりまろやかで飲みやすく、カクテルにも良いです。

ロックや炭酸割りもおすすめですが、人によっては、もうちょっとパンチが欲しいと、物足りなさを感じる人もいるかもしれません。

オリータス レポサド/OLLITAS REPOSADO

アルコール度数35%、ホワイトオークの樽で6ヶ月熟成されたものです。

熟成され、まろやかな甘みを残しながらも、樽の木の香りがプラスされている。こちらもストレートで飲んでもキツいとそこまで感じないくらいまろやかで飲みやすくおすすめです。ウイスキーが好きな人にはこちらのレポサドがおすすめです。

炭酸割り、ロックでも後味がスッキリしているので、他の強い酒よりもたくさんの人にウケます。

オリータス クリスタリーノ/OLLITAS CRISTALINO

創設90年を記念して作られました。アネホのアメリカンオークの樽で熟成されたテキーラをに濾過の処理をしたものがクリスタリーノです。そのため色は透明になっていて、値段は一番高いです。

アルコール度数35%

濾過の工程により、アルコールのキツさ、エグみを限界まで無くし、かつ本来のテキーラの味、香りを損なわないようにしたテキーラです。

クリスタリーノは各メーカー特徴がありますが、オリータスの特徴はとにかく飲みやすい、濾過によって程よくクリアになり甘みと香りが強調されています。もちろん、ロックや炭酸割りで美味しいです。

クリスタリーノのテキーラは各メーカーで全然味が違うのでぜひ飲み比べてみてください。「これがテキーラ?」と感じるはずです。

クリスタリーノのテキーラは日本では非常に手に入りにくく、数少ない日本で買える銘柄です。

テキーラって何?製造方法、原料

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください