本場テキーラのエスポロン/ESPOLÓNをメキシコ在住がレビュー!

本場テキーラのエスポロン/ESPOLÓNをメキシコ在住がレビュー!

メキシコ在住でしかも、テキーラの本場のハリスコ州に住んで、テキーラを飲みまくっている自分が、本場テキーラのエスポロン/ESPOLÓNをレビューします。

テキーラの定義として、原料のアガベ・ テキラナ・ウェベル・バリエダ・アスル/Agave Tequilana Weber Variedad Azul51%以上含んでいないといけません。

アガベは、サボテンではなく、アロエに近い植物です。

アガベ・ テキラナ・ウェベル・バリエダ・アスル

メキシコでは基本アガベ100%ですが、日本では51%以上の(100%では無い)テキーラが売られています。

味、香りが全然違うのでテキーラに良いイメージがない人も、試してみたらイメージが変わります。

もちろんエスポロンのテキーラは全てアガベ100%です。

そもそもテキーラとは?製造方法、原料、種類

テキーラについてさらに詳しくは別の記事にまとめました。

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

テキーラブランド、エスポロン/ESPOLÓNとは? 意味

エスポロン/espolónの意味は、鶏、獣についている蹴爪(けづめ)です。蹴爪とは足の後ろ側にある角質の攻撃や防御に用いる爪です。パッケージにある通り、雄鶏を表しています。

日本でも簡単に手に入り、大手のブランドのドン・フリオやホセ・クエルボに比べて、日本では知名度は無いので、通な感じを演出できます。

メキシコでは、酒好きに人気があるコアな銘柄です。味の傾向としては、後味にじんわりテキーラの甘さが残るので余韻を楽しめる、飲みやすめのテキーラです。

エスポロン/ESPOLÓNの歴史

蒸留の科学とテキーラ作りの技術の両方を何十年も学んだシリロ オロペザ/Cirilo Oropezaにより設立されました。

1995年に彼は彼の野心を共有した地元の起業家に会い、 夢のテキーラのための最先端の技術を可能にするパートナーシップを形成し、メキシコのハリスコ州の蒸留所のDestiladora San Nicolasで、ESPOLÓNを製造し始めました。

比較的新しいメーカーです。

メキシコのハリスコ州のアガベ農場

彼の最愛のテキーラに名前を付ける時が来たとき、シリロはインスピレーションを得るためにメキシコ文化の別の重要な部分に目を向けて、国民の誇りの強力な象徴である雄鶏をの拍車にちなんで「エスポロン」と名付けられました。

エスポロンのアートワークは、過去のものに現代的なひねりを加えていて、メキシコのヒーローである画家のホセ・グアダルーペ・ポサダに敬意を表し、彼の絵を意識した絵がパッケージになっています。メキシコの本場感があるのでプレゼントにも良いです。

ポサダは19世紀の芸術家であり版画職人であり、反逆者です。 彼の最も有名な作品であるカラベラ(頭蓋骨)は、彼の時代の社会的不公正について強力な風刺をし、 彼の手で、人々に声を与え、アートの世界に今のポップカルチャーに影響を与え続けているスタイルを確立しました。

エスポロン ブランコ/ESPOLÓN BLANCO

 

アルコール度数38%

ブランコとは、樽での熟成がされていない種類のテキーラです。一番原料のアガベの味をダイレクトに味わうことができます。

色は透明でアルコールのキツさも少なく、本場のアガベ100%のテキーラの自然な甘い味が、後味に残ります。炭酸割りにしても美味しく飲めます。

グレープフルーツとライムのカクテルであるパロマにしても美味しいです。

エスポロン レポサド/ESPOLÓN REPOSADO

アルコール度数40%

アメリカンオークの樽で3〜5ヶ月熟成させたテキーラです。熟成されているので微妙に色が茶色になっています。

ブランコとの味の差は、あまり無いですが、味と香りが多少まろやかになっています。

エスポロン アネホ/ESPOLÓN AÑEJO

アルコール度数40%

まろやかでコクがあり、飲みやすいロックで美味しく飲めます。アルコールのキツさもなくテキーラの自然な甘みにウイスキーのようなコクがプラスされていて、ぜひおすすめです。

アメリカンオークの樽で10ヶ月熟成後にワイルドターキーのバーボンの樽で2ヶ月熟成させた手間のかかったテキーラです。

値段は上がりますが2種類の樽を使ったテキーラはあまり種類がなく、是非飲んでみて欲しいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください