本当に美味しいテキーラランキング TOP5!メキシコ在住がおすすめ!

本当に美味しいテキーラランキング TOP5!メキシコ在住がおすすめ!

 

メキシコといえばテキーラです、本場のドン・フリオ(Don Julio)、ホセ・クエルボ1800(Jose Cuervo 1800)、エラドゥーラ (HERRADURA) エル・ヒマドール (El Jimador)などのメーカーの銘柄を飲み続けたメキシコ在住の自分が、ランキングTOP5を紹介します。

メキシコに行った時のお土産や日本で買う時に参考にしていただければと思います。

ここで紹介するテキーラは全てアガベ(原材料のリュウゼツラン)100%の日本でショットで飲むテキーラとは味が違い、テキーラに対する印象が変わるので、是非試していただけたらと思います。

味、香り、コスパ、総合おすすめ度を5段階で評価します、5が一番高得点です。味の評価のポイントは、飲みやすさ、まろやかさ、アルコールのキツさの感じ方です。香りの評価のポイントはアルコールっぽさがあるか無いかです。

5位中3つドン・フリオですが、独特の甘い香りが特徴です。

グラフはかなり辛口で採点しましたが、全て美味しくて、おすすめです。

1位:ドン・フリオ アネホ クラロ70/Don Julio AÑEJO CLARO 70

いきなり高級テキーラですが、他と明らかに味が違い、甘さが際立っています。

ドン・フリオの特徴であるバニラのような上品な甘い香りもあります。ロックや炭酸割りで美味しく、つまみ無しで飲めます。18ヶ月の熟成後に特別な濾過の処理をすることでアネホですが色は透明になっています。メキシコ人からも人気です。

名前の70は70周年記念モデルが由来です。

日本では、基本的に手に入らないので、メキシコに行ったときのお土産にしてください。

アルコール度数:35%

熟成期間:18ヶ月

 

本場高級テキーラのドン・フリオ/Don Julio5種をメキシコ在住がレビュー、味、比較!

 

2位:クエルボ 1800 アネホ/Cuervo 1800 AÑEJO

日本でも多く流通していて、もちろん飲みやすい味も良いです。

アネホのテキーラは熟成期間が長く一般的に味はまろやかになると言われていますが、これはまさにまろやかでやさしい味になっていて、飲みやすいです。

甘みもあり、熟成されて良い感じにウイスキーのような香ばしさもあります。

アネホとはスペイン語で「熟成した」という意味で、メキシコではアニェホと言います。 1800の読み方はスペイン語でミル オチョシエントスです。

高めの熟成されたテキーラを飲んでみたい人におすすめです。 

アルコール度数:38%

熟成期間:14ヶ月

 

本場のテキーラのホセ・クエルボ1800の4種類をメキシコ在住がレビュー!

3位:エラドゥーラ ウルトラ/HERRADURA ULTRA

これも1位と同じように25ヶ月熟成させたアネホのテキーラに濾過の処理をしたクリスタリーノと呼ばれるタイプです。

他のテキーラとは違う系統の味で甘さがあり、アルコールのキツさを感じさせず飲みやすい、香りは少し控えめで、「これがテキーラ?」と感じでもらえます。

アルコール度数:35%

熟成期間:25ヶ月

Yahoo!ショッピング エラドゥーラ ウルトラ テキーラ

 

 

4位:ドン・フリオ アネホ/Don Julio AÑEJO

熟成されて、ウイスキーのような樽の木の香ばしさとまろやかさが味と香りに加わった大人のテキーラです。

ドン・フリオ独特の甘さも兼ね備えていて、こちらも熟成されたテキーラを飲んでみたい人に、是非おすすめです。熟成されていないブランコというタイプよりも多少飲みやすいです。

アルコール度数:38%

熟成期間:18ヶ月

5位:ドン・フリオ ブランコ/Don Julio BLANCO

テキーラの甘い香りと熟成期間無しのアガベ本来の味を、安い値段で楽しめます。

色が薄ら青くてきれいです。日本の安いテキーラとの違いを感じたい人はおすすめで、日本でも気軽に手に入ります。

カクテルにしても美味しいです。

アルコール度数:38%

熟成期間:無し

 

テキーラって何?製造方法、原料、熟成期間について

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください