メキシコのクラフトビール、ロバ/LOBAを現地在住が評価!!

メキシコのクラフトビール、ロバ/LOBAを現地在住が評価!!

メキシコの酒といえば、テキーラとメスカルが有名ですがビールも大量の種類があり、新製品もよく出ていて、クラフトビールも大量にあります。

クラフトビールは町によってもたくさんあり、バーで自家製のビールも作っていたりするので、ビール大国でもあります。

メキシコのクラフトビールのロバ/LOBAとは?

ロバ/LOBAは、ハリスコ州にあるグアダラハラ/Guadalajaraのクラフトビールです。

ロバはスペイン語で「メスの狼」「混血」という意味です。

グアダラハラにはクラフトビールメーカーが大量にあります。ロバは中でもマイナーな流通量の少ないビールになります。

メーカーの味の傾向としては、ざっくり言うとフルーティでコクがあることです。全体的に苦味はあまりないです。

それ以外にはこれと言った特徴はありませんが、美味しいビールです。

ロバ ラガー リヘラ/LOBA LAGAR LIGERA

アルコール度数4.0%

リヘラとは、スペイン語で「軽い、ライト」と言う意味です。

ライトなビールという名前ですが、味はあっさりしていますが、コクがあります。

メキシコのビールは、名前がライトとなっている超あっさりしたものが多いですが、これは普通のビールと同じぐらいの濃さです。

ジャケットにこれだけ3つの頭がある狼が描かれています。

ロバ ブランカ/LOBA BLANCA

アルコール度数4.8%

ブランカとは「白」という意味です。色が白く微妙に濁っています。

味はフルーティなビールで特にこれといった特徴はありません。クラフトビールのならではのコクがあり、飲みやすく料理とも合います。

ロバ クランデスティナ/LOBA CLANDESTINA

アルコール度数4.5%

クランデスティナは「秘密の」「非合法の」という意味です。特に非合法なものが使われている訳ではありません。

後味に少しリンゴジュースのようなカクテル風味がするビールです。苦味はあまりないです。

メキシコの酒、テキーラ、メスカル、プルケについて

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

芋虫入りのテキーラは、実はメスカルという酒です。メキシコ在住が違いを解説!

神の酒!メキシコのプルケとは?メキシコ在住が紹介

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください