メキシコで牛乳を最小量含まないチーズとヨーグルトの販売が規制

メキシコで牛乳を最小量含まないチーズとヨーグルトの販売が規制

メキシコ在住フリーランスが気になった現地のニュースを紹介していきます。

2020年10月14日にメキシコは、19のメーカーのチーズと2つのナチュラルヨーグルトの販売を即時停止を命じました。これは牛乳を含んでいないにもかかわらず、乳製品、100%牛乳などと虚偽の表示していたためです。

違反業者には罰金がかされます。

違反していたメーカーは

Fud, Nochebuena, Premier plus cuadritos, Swan, Caperucita, Burr, Precissimo, Frankly, Selecto Brand, Galbani, Lala, El Parral, Portales, Walter, Sargento, Cremería Covadonga, Aurrera, Philadelphia.

とほぼ全ての大手メーカーです。

これらのメーカーは明確に100%牛乳と表示していたにもかかわらず、植物性油、化学製品を加えていました。またナチュラルヨーグルトとして知られるダノンベネガストロ/Danone Bene Gastro と ダノンナチュラル/Danone Naturalは砂糖を加えて、最小の牛乳の量を満たしていませんでした。

以前から、これらの事実はネットで検証動画などが上げられて何度も批判、警告されてきました。

実際の味は、日本に比べて確かに牛乳の本来の味は薄いです。特にチーズは味がほぼしないものが多く、食感と少し香りがするだけです。ヨーグルトも牛乳の味はしませんが、甘いため満足感がありごまかされてしまいます。

これからのメキシコのチーズとヨーグルト

今後は改善され、販売が開始されます。チーズとヨーグルトはメキシコでは、スーパーやコンビニで凄まじい量が激安で売られ、消費されて、人々の生活には、なくてはならない食品です。メキシコ経済には大きな影響がありますが、必要な規制です。

個人的には、ソーセージなどの加工肉もナチュラル、100%と表示されているものが多く、これも虚偽であり、近いうちに規制がされると思います。とにかく、健康に気を使うならば自炊しましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください