テキーラのカロリー、度数、太る?メキシコ在住が解説

テキーラのカロリー、度数、太る?メキシコ在住が解説

メキシコのテキーラの本場ハリスコ州/Jalisco在住で、テキーラ、メキシコビールを飲みまくった自分がテキーラのカロリーについて書きます。

そもそもテキーラって何?製造方法、原料、種類

別記事に詳しくまとめたのでどうぞ

本場のテキーラとは何か?メキシコ在住が原料、種類、製造方法などを解説

結論:ビールより太りにくい

カロリーは高いが、糖質が少ないことと、ビールほどたくさん飲まないことを考慮した結果、太りにくいです。

もちろんカクテルは糖質が結構あるので、カクテルよりも太りにくいです。

数字だけ見れば、焼酎と大体同じ数値と言えます。かと言って、焼酎よりもテキーラは味も濃く、満足感があるため、焼酎ほど量は飲まないと考えたらテキーラは太りにくいと言えます。

ショットでレモンと塩のイメージがありますが、炭酸割りにしても、本場の原料のアガベ100%のテキーラは独特の甘みがあり美味しいです。

マルガリータなどレモンジュースと割ったカクテルもあるので、柑橘系のジュースと割っても美味しいですが、カクテルはかなり糖質が上がるため注意が必要です。

テキーラはカロリー高め、糖質は低い、度数は35〜40度

テキーラはメキシコのハリスコ州の発祥で、定義は厳しく定められています。

例えば、アルコール度数は35〜40度でなければいけない、製造過程で2、3回の蒸留を行うことなどです。

製造工程がほぼ同じメスカルという酒もメキシコには、ありますが原料が違います。

蒸留しているため、焼酎のように糖質はほぼありません。糖質制限できます。

カロリーは100mlで約230kcalです。ビールが約40kcalなので6倍もあるとも言えますが、ビールを100mlしか飲まないことはほぼありませんし、ショットグラスの量は30〜45mlなので、テキーラショット2、3杯で230mlとなります。

因みに35度の焼酎は100mlで約200kcalで微妙にテキーラより低いです。アルコールは1gで約7kcalなので、アルコール度数が下がればよりカロリーは低くなります。

焼酎はテキーラより味が薄いのでショット2、3杯飲んで満足できなくても、テキーラのショット2、3杯も飲めば、酔い的にも、かなり満足すると思いますし、炭酸割りなどにしたらより満足感はあります。

なんと言っても、ビールには糖質が100mlで2.5〜4g程度あります。コンビニのおにぎりは糖質35g程度、カロリーは200g程度あります。

なのでビール350ml缶を3缶で糖質36g程度、カロリーは360kcalとなりおにぎりを超えます。

本場のテキーラは甘みがある

テキーラの定義の一つとして原料のアガベ・ テキラナ・ウェベル・バリエダ・アスル/Agave Tequilana Weber Variedad Azul と呼ばれる竜舌蘭(りゅうぜつらん 通称:アガベ)を51%以上含むことが条件です。

しかし日本ではホセ・クエルボ・エスペシアル/Jose Cuervo Especialなど51%以上(100%ではない)ものがたくさん売られています。

ホセ・クエルボ・エスペシアル/Jose Cuervo Especial

アガベ100%のテキーラは独特の甘みが、ある別物です。日本でも手に入るのでぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 

本場高級テキーラのパトロン/PATRÓNをメキシコ在住がレビュー

安くて飲みやすい本場のテキーラランキング3選をメキシコ在住が紹介

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください