海外在住者が一時帰国したときにおすすめのレンタルwifiルーター! 安い、空港で受け取り! 2022年版

海外在住者が一時帰国したときにおすすめのレンタルwifiルーター! 安い、空港で受け取り! 2022年版

 

海外に住んでいる日本人が日本に旅行や仕事で来たときに、wifiを使うためには、SIMカードを買うか、wifiルーターをレンタルしなければいけません。

実際、海外に住んでいる自分は、一時帰国するときは、いつもwifiルーターをレンタルしています。

 

一時帰国のときにSIMカードはおすすめしない

 

おすすめしない理由は2つです。

1:SIMカードを日本で買って使うと、もちろん電話番号が変わります。

海外に主に住んでいる人は、現地のSIMカードで現地の電話番号を使っていると思いますが、一時的でもこれが変わると様々なトラブルが予想されます。

とにかく面倒臭いことになりたくないので自分はwifiルーターをいつもレンタルし、海外で使っているSIMカードをそのまま日本で使います。

音声通話はできませんが、実際、LINEとWhatsAppの通話でどうにかなりますし、店などの予約は大抵ホームページからできます。

 

2:データ量無制限ではない

SIMカードは、使ったデータ分だけ払うことができますが、無制限ではありません。

レンタルwifiルーターは、無制限のプランがありますし、複数人で使うこともできます。電車の移動中などでも、データ量を気にせずに、Youtubeで音楽が聴けますし、パソコンで仕事ができます。

逆にSIMカードのメリットはというと、090などの日本の電話番号を取得できる点です。

 

日本に一時帰国した時、リアルに買うもの (メキシコ在住ノマド、独身、ミニマリスト)

海外駐在員が一時帰国した時にやるべきこと(メキシコ在住、独身)

 

一時帰国のときにおすすめのレンタルwifiルーター

 

ズバリ、おすすめは2つあります。

2つとも契約期間の縛り無し、違約金無しです。

引っ越しなどで短い期間だけwifiが欲しいときにもおすすめです。

 

一時帰国のおすすめwifiルーター(無制限、空港受け取り、返却)

無制限でおすすめは「wifiレンタルどっとこむ」です。



これが一番手間がかからないです。

空港、宅配、コンビニで受け取りができ、レンタル日数は1日単位で設定できます。違約金、契約期間の縛りはありません。

受け取りが可能な空港は

成田空港、羽田空港、関西空港、伊丹空港、中部空港、福岡空港、新千歳空港、那覇空港、小松空港、仙台空港で受け取り、返却ができます。旅行前に注文して、日本に着いてすぐ使えます。

楽天、Yahooショッピングでも注文可能で、もちろん空港受け取りの指定もできます。

 

安いおすすめwifiルーター(100GB、安い)

そこまで日本でデータ通信しないので、データ量無制限は必要なく、安く使いたい人に「超格安wifi」がおすすめです。

月額税込4161円です。 名前の通り超格安です。

これをおすすめする理由は、1ヶ月ごとの契約ですが、安い点と違約金がなく、契約期間の縛りがないのでいつでも解約できる点です。

1、2ヶ月ぐらい日本に滞在し、データをそこまで使わない人におすすめです。とはいっても100GBあるので、少ないわけではありません。

目安としてzoomのビデオ会議とYoutube視聴が2時間で1GBかかります。

ちなみに1年契約になると月額税込3,410円になります。1年でトータル40,920円になります。

ダメな点は、空港での受け取りができない点です、旅行前に注文して、家で受け取らなければいけません。


31歳でメキシコに転職した時の話: 〜就労ビザ、生活、コロナウイルス 、日系企業のリアル〜 EXOTISMO

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください