日本で買える飲みやすいドイツビール3銘柄を紹介!

日本で買える飲みやすいドイツビール3銘柄を紹介!

歴史のが長いため、日本でも有名なドイツビールは、結構日本でも買えます。

世界中で酒を飲みまくった自分が特に飲みやすいドイツビールを紹介します。

ドイツビールというと、味が濃いビールを屈強な男たちが、デカいジョッキで飲んでいるイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

傾向として、ホップのフルーティなビールが多いです。たくさん飲んでも飽きない飲みやすいビールもたくさんあります。

ドイツビールはなぜ有名?

そもそもなぜドイツビールは有名なんんでしょうか、ザックリ言うと歴史が長いからです。別記事にまとめました。

ドイツビールはなぜ有名? 歴史、製法、種類、特徴、違い、苦い?

ビットブルガー プレミアム ピルス / Bitburger Premium Pils

アルコール度数:4.8% 、100mlあたり40Kcal

日本のビールには無い、あっさりホップの柑橘系フルーティーな世界中で飲まれているビール。

苦味が少なく、クセもないので何の料理にも合います。ビールが苦手な人もゴクゴクいけるようなビールです。

名前のピルスとは、ピルスナーというチェコのピルゼンで発祥した下面発酵のビールです。日本のビールのほぼ全てがピルスナーに分類されるので、日本人に馴染み深い味ですが、このピットブルガーピルスは、日本のビールに比べてフルーティさが際立ちます。

 



 

ケストリッツァー シュヴァルツビア/ Köstritzer Schwarzbier

 

アルコール度数4.8%、100mlあたり、41.5Kcal

コーヒーのようなコクがありながら、後味にスッキリの飲みやすい黒ビール。

黒ビールはクセが強い、濃いと言うイメージがありますがこのケストリッツァーはスカッと飲みやすいです。

シュヴァルツ Schwarzとはドイツ語で「黒」と言う意味です。

 

 

ベネディクティナー ヴァイスビア / Benediktiner Weissbier

アルコール度数5.4%、 100mlあたり45kcal

麦の香り、コクがあるすっきりしたビール。

他のドイツビールと比べて泡立ちが凄いです。

ヴァイスとはドイツ語で「小麦」という意味です。名前のとうり小麦の風味が日本のビールに近いですが、柑橘系の風味があり後味スッキリでたくさん飲んでも飽きません。いつもとちょっと違った雰囲気を味わいたい人におすすめのビールです。

アルコール度数が5.4%と少し高めですが、味とコクがあるのであまり気になりません。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください