日本で買えるおすすめのドゥンケル Dunkelのドイツビールを紹介!

日本で買えるおすすめのドゥンケル Dunkelのドイツビールを紹介!

 

たくさんのドイツビールが日本で買えます。

世界中でありとあらゆる酒を飲んだ自分が、歴史のあるドゥンケルというスタイルのドイツビールをご紹介します。

 

ドゥンケル Dunkelとは? 意味

ドゥンケルはビールのスタイルの名前で、カタカナでデュンケルとも書きます。またミュンヘンが発祥なのでミュンヘナードゥンケルとも呼ばれる人気のスタイルです。

ドイツ語で意味は「暗い」という意味です。色は褐色の大麦を使っているためです。

上面発酵(エールと呼ばれる)のビールで、色はローストした大麦を使っているため褐色です。

18世紀にピルスナーと呼ばれる今、日本のビールの主流になっているタイプが現れるまで、ほとんどのビールがドゥンケルでした。

通常のドゥンケルよりもアルコール度数の高いダブルドゥンケル、トリプルドゥンケルもあります。

味はしっかりとした苦味と、香ばしいローストされた風味、香りがあるのが特徴です。

 


おすすめのドゥンケル Dunkel のドイツビール

エルディンガー ドゥンケル  ERDINGER  Dunkel

アルコール度数:5.3%、100mlあたり48kcal

黒ビールの香ばしいロースト風味がありながら、飲みやすいビール。

日本の黒ビールのほど苦味がないです。後味が残るので一杯でも満足感があり、最悪つまみがなくても飲んでいられるようなビールです。

 

苦味:7/10

 

エルディンガーのその他のビールのレビューは別記事です。

ドイツビールの定番! エルディンガー / ERDINGER 4銘柄を飲み比べレビュー!

 

 

パウラーナー へフェ ヴァイスビア  ドゥンケル  PAULANER Hefe  Weissbier Dunkel

アルコール度数:5.3%  100mlあたり62kcal

苦味がしっかりあるが、後味がスッキリなビール。

普通のビールと黒ビールの中間のような程よい香ばしさがあります。洋なおつまみ(チーズ、ナッツ等)、肉料理と合う味です。

日本の黒ビールより、爽快感があり飲みやすいです。バナナの香りがあるというレビューをいくつか目にしましたが、自分はそう感じませんでした。

苦味:7.4/10

 

 

パウラーナーのその他のビールのレビューは別記事です。

ドイツビールのパウラーナー / PAULANER 4銘柄 を飲み比べレビュー!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください