人気ベルギービールのラ シュフ / LA CHOUFFEをレビュー!

人気ベルギービールのラ シュフ / LA CHOUFFEをレビュー!

 

世界中で酒を飲んできた自分が、歴史の長いベルギービールをレビューしていきます。

 

ベルギービールのラ シュフ LA CHOUFFE とは?

 

シュフとはベルギーでビールを作っていた小さな妖精の名前です。

パッケージのおじさんはシュフではなく、ノームという妖精です。このノームがシュフがかつて作っていたビールのレシピを人間に教えて出来たのがこのビールという設定です。

ラ シュフは1982年に2人の兄弟によって設立されたベルギーで最初のクラフトビールと呼ばれていますが、実際にはクラフトビール(小規模生産のビール)はベルギーで至るところで作られていたと考えられるので、最初かどうかは定かではありません。

しかし、老舗がたくさんあるベルギービールの中で、新しくかつ世界中に知られているビールはこのラ シュフぐらいです。

 

ラ シュフ ブロンド / LA CHOUFFE BLONDE

アルコール度数:8.0%

スッキリ飲みやすいけど、8.0%ある恐ろしいビール。

クセがなく飲みやすい、苦味もいい感じにあり、かつ、アルコール度数8.0%という稀なビールです。8.0%のキツさを感じないのでたくさんガブガブ飲めます。

パッケージは正直ダサいですが、ビール好きな人に超おすすめです。

苦味:6.8/10

 



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください